レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2021-05-02

当たり前のことですが、
身体を動かすと腹がすきますよね?

でも、運動をした直後に食事をすると、
ダイエットの効果を減少させてしまう恐れがありますから
注意してくださいね!

というのも、
運動をした直後の身体というのは、
エネルギーを大量に消費している状態です。

ですから
エネルギーを補給しようとして、食べ物などを欲するわけです。

運動をすることによって、
確かに脂肪が燃焼するなどの
ダイエット効果を期待することはできます。

しかし一方で
新たなエネルギー源を補給する形になりますから、
ダイエットの効果が少なくなってしまうのです。

なので、運動をした後しばらくの間は、
食事をすることは控えた方がいいでしょう。

むしろ、
運動をした後に軽く身体を動かすことの方が、
より高いダイエット効果を期待することができます。

よくスポーツ選手は、
激しい運動をした後に
軽めのランニングやウォーキングをしますよね。

「クールダウン」とも言いますが、
あのような軽めの運動をすることが
ダイエットには効果的なんです。

有酸素運動をはじめとして、
長時間運動を行うと、運動をやめた後でも
しばらくは脂肪が燃焼している状態を維持することができます。

ですから、ただ歩いているだけでも、
通常と比べるとカロリーの消費効率は良くなっているはずです。

クールダウンをして、
ゆっくりと身体を冷やしていきましょう。
そしてしばらく安静にすることです。

食事については、運動を終えてから
できることなら1時間、
少なくても半時間程度のインターバルを取ってから
食べるようにした方がいいでしょう。


レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る