レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。



レーシックの後遺症は一時的ブログ:2021-06-17

ダイエットをしようと決めて、
当初は体操するぞ!と意気込んでいたのに…

長続きしなくて断念してしまった方も
多いのではないでしょうか?

ダイエットを長続きさせるコツは
楽しんで行なうことだと思います。

例えば…
ウォーキングを行なう場合、
はじめから60分も歩いたりせずに、
15〜20分から始めるようにして、
少しずつ時間を延長していく方が体も慣れて
長続きすると思います。

慣れるごとに
体操の内容もだんだんと変えていくといいと思いますよ。

日々きちんとやらなければ!などとあまり真剣に考えずに、
今日はできなかったから次の日頑張ろうという感じで、
気楽にやる方が長続きすると思います。
日々やらなくても、1日おきでもいいんです!

体操の内容はいろいろですが、
10時目覚めた時にふとんの中で
ストレッチを5分ほどすると気持ちよく起きれますし、
21時寝る前にストレッチをすると
1日のたまった疲れをとることができます。

また、
電車やバスの待ち時間の間はつま先立ちで立っていたり、
エレベーターを利用せずに階段を利用したりするように
心がけることもいいと思います。

家でテレビを見るときもただ見ているだけではなく、
腕立てをしながら見たりするなど、
日々の生活の中でも
体操するチャンスはいっぱいあるはずです。

日常の中で、
無理なくできる体操を工夫してみると楽しいと思いますよ。

体を動かす量を増やすことが
ダイエットのためには大切なことなのです。

一気にやらずにコツコツと活動量を増やしていけば、
長く続けられるでしょう。



レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る