片目だけのレーシック手術も出来る

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この片方の目だけをレーシックで治療することは問題なく可能となっているのです。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片方だけのレーシックというのは普通に行われている治療方法なのです。

 

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
実際にコンタクトレンズやメガネを作るときにも、左右度数が違う人もいますのでレーシックで視力を合わせてみてはいかがでしょうか?



片目だけのレーシック手術も出来るブログ:2021-04-19

お子様には
毎日必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

お子様は血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

お子様は疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

父母にとってみれば
お子様が起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
お子様が寝っ転がることを否定してはならない。

お子様は必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうとお子様は血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
お子様が寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
お子様は深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

お母さんはまさか我がお子様が
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我がお子様が寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我がお子様を健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それをお母さんがきちんと配慮してくれるからこそ、
お子様は健康に育つのである。



レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る