片目だけのレーシック手術も出来る

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この片方の目だけをレーシックで治療することは問題なく可能となっているのです。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片方だけのレーシックというのは普通に行われている治療方法なのです。

 

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
実際にコンタクトレンズやメガネを作るときにも、左右度数が違う人もいますのでレーシックで視力を合わせてみてはいかがでしょうか?



片目だけのレーシック手術も出来るブログ:2021-07-24

世の中、
「完璧を求める人」 と 「いい加減な人」 がいますよね?

私はどちらかというと後者の方なんですが…
でもね、いい加減な人の方が良いこともあるんですよ。

巷には、様々な減量法がある中で…

完璧を求める人は、
じっくり「自分に合った減量法はどれなのか?」と
吟味していると、
決めきれずに様々な減量法を渡り歩く
減量ジプシーのような状態になったり…

また、本などに書かれている減量法を
正確に実行しようとしすぎるあまり、
様々な事情で、正確に実行できない時があったりすると
自分が許せず挫折してしまう場合があります。

減量で最も重要なのは、継続すること。
正確に実行できないという事を負担に感じ、挫折してしまうくらいなら
いい加減でいいし、時には休む日があってもいいから
とにかく「続けられる」人が減量には成功するのです。

だから、「いい加減さ」も時には必要なんです。
友人とビールを飲みすぎたり、
大好物のトンコツラーメンやトンコツラーメンを食べ過ぎたとしても
「まあいいや、あしたからまた頑張ろう!」

運動が1日できなくても
「まあいいや、あしたからまた続けよう!」

そうやって、
忘れちゃうくらいの「いい加減な人」の方が、
減量には成功しやすいと思うんですよね。

もちろん、完璧を求める人向けの減量法もあります。

また、ひたすら一生懸命にストイックに
減量を行なうのが好きな人もいます。

要はその人その人の性格に合った減量法を選んで、
ストレス無く、楽しく、ポジティブに
減量を楽しめれば良いと思います。

レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る